予防医療について

犬

フィラリア症予防のご案内

フィラリアは寄生虫の名前です。別名犬糸状虫ともいいます。

大きさは成虫で12cm~30cmぐらいで、そうめんのように細長い形をしています。

フィラリア症とは、蚊が媒介して犬の体内に入ったフィラリアが感染して
起こる病気です。フィラリアに感染すると心臓や肺動脈に糸状の成虫が寄生し、
循環障害や呼吸困難などを引き起こします。

また、フィラリア症は犬だけの病気ではなく、猫やフェレットにも感染する病気です。

ゼーゼーした咳をする 運動を嫌がる 痩せてきた 貧血気味になってきた 腹囲が大きくなってきた(腹水) 失神することがある

などの症状は、病気が進行していることを示していますので、早期の治療が必要です。

症状が出始めた頃には手遅れという場合もあり、死に至ることもある恐ろしい病気ですが、
しっかり予防できる病気でもあります。

当院では安全に投薬するために、
血液検査でフィラリアに感染していないことを確認してから、フィラリア予防を始めていきます。

フィラリア症の予防法は媒介となる蚊の出現時期にあわせて、

予防薬を毎月1回飲ませます。(5月~12月頃まで)

大切な家族であるペットを守るために、毎年予防しましょう。

狂犬病予防接種のご案内

狂犬病にかかった動物に噛まれることにより感染し、発症すると生存確率は0%と恐ろしい伝染病です。

また、狂犬病は病名に犬と付いているのですが、実際は体温を一定に保てる動物(猫、ねずみ、鳥、人間など)
でも発症します。

人畜共通伝染病(人も動物も同じく感染する病気)の中で最も恐ろしく、悲惨なものと言われています。

犬を飼う場合には飼い犬を狂犬病から守ると同時に、社会に対する責務として「狂犬病予防法」に基づき、
生後3ヶ月齢以上の飼い犬の登録と年1回の狂犬病ワクチン注射の接種が義務付けられています。

予防注射は当日の体調の確認をしてから接種となります。

混合ワクチン接種

犬の感染症の中で特に恐ろしいもの

犬ジステンバー 犬パルボウイルス感染症 犬伝染性肝炎

猫の感染症の中で特に恐ろしいもの

猫ウイルス性鼻気管炎 猫カリシウイルス感染症 猫汎白血球減少症 猫白血病ウィルス感染症 猫エイズウィルス
犬

他の犬や猫との接触がない場合でも、尿や便、唾液などの飛沫から感染することがあります。

一度発症してしまうと死に至ってしまう病気もあるので、大切なペットを伝染病から守るため、予防対策のワクチン接種は重要です。

子犬・子猫については十分な免疫を作るために生後数ヵ月以内に2~3回の注射が必要です。その後は1年に1度、追加接種の必要があります。

ノミ・ダニ予防のご案内

犬や猫にノミ・ダニが寄生すると、皮膚炎を始めとする様々な病気をを引き起こす可能性があります。

ペットついたノミ・ダニは人間にも影響を与え、人獣共通感染症を引き起こす事があります。

「今は痒がっていないから」「ノミ・ダニがついていないから」などの理由を
言われる飼い主様もいらっしゃいますが、予防することが大事です。

冬でもノミやマダニは活動していますが、特にノミ・ダニの活動が活発化する梅雨時期前くらいから
予防する事をおすすめします。

予防方法としては、スポット剤タイプの駆除剤を首の後ろに滴下します。

目安として、月に1回の投薬で予防できます。

市販の超音波のノミ取り首輪や、ニオイでノミを寄せ付けないようにする忌避剤がありますが、
それらは効果的なノミ・ダニの予防対策とは言い難いです。

今は内服タイプの薬もございますので、獣医に相談の上でのご使用をお勧めいたします。

足跡